福岡でスクール関連事業を開業予定の方へ

スクール事業開業
この記事は約4分で読めます。

福岡でスクール関連の業種を開業予定の方へ

スクール関連の業種は、学習塾や音楽教室など対象になる年齢層が幅広く事業内容も多種多様です。

最近では、学び直しや健康志向の高まりもあって中高年層の入会者も増えています。

スクール関連の業種で開業予定の方は、生徒の目線で教室の訴求ポイントを検討しましょう。

こちらのページでは、スクール関連の主な業種について基礎知識をまとめてご紹介しています。

※記事の詳しい内容は、リンクのページをクリックしてご覧ください。

スクール関連事業の動向について

スクール関連事業は、子供から中高年層までの幅広い年齢層の方を対象にできる事業です。

具体的な例として、音楽教室・語学教室・ダンス教室等で中高年の方の入会が増えています。

入会目的は様々ですが、生涯学習を背景に余暇や趣味・健康増進を目的にする方が多いようです。

今後は、学習塾・進学塾等は別にして、中高年齢層へのアプローチが経営のポイントになりそうです。

その他の動向としては、対面授業とオンライン授業を併用するスクールが増加すると予想されています。

スクール関連事業の開業をお考えの方は、常に新しい情報を収集して運営方法を慎重に検討しましょう。

スクール関連の業種一覧(福岡県内)

福岡県内で実際に営業しているスクール関連の主な業種を参考にご紹介します。

スクール関連の業種一覧(参考)

  • 学習塾
  • 進学塾
  • 予備校
  • 音楽教室
  • ピアノ教室
  • ギター教室
  • バイオリン教室
  • フルート教室
  • ダンス教室
  • バレエ教室
  • 社交ダンス教室
  • フィットネスクラブ
  • ヨガ教室
  • 英語スクール
  • 外国語スクール
  • パソコン教室
  • 着付教室

※以上が、福岡県内で実際に営業している主なスクール関連の業種です。

スクール関連の業種は、開業当初の生徒集めと会員化が一番の課題になります。

対象の生徒に選ばれる為のコンセプトやサービスを慎重に検討しましょう。

スクール関連の業種別リンク集

上記のスクール関連事業で、福岡県内で開業する方が比較的多い業種をご紹介します。

対象の業種をご検討中の方は、リンクのページをクリックしてご覧ください。

ダンススクールの開業をお考えの方へ

ダンススクールを開業するまでの準備・許可・開業資金の目安等、ポイントをまとめています。

ダンススクール(スタジオ)は、他の業種と比較して個人での開業が多いことが特徴のひとつです。

その理由としては、個人の実績や活動歴がダンススクールの運営にプラスの影響があるからです。

現在では、中学校等でのダンス必修化や中高年層の健康志向もありダンスを楽しむ方が増えています。

パソコン・プログラミング教室の開業をお考えの方へ

パソコン・プログラミング教室開業までの準備や開業資金の目安等、ポイントをまとめています。

また、パソコン教室・プログラミング教室の開業方法や開業事例についてもご紹介します。

習い事関連の業界は、少子化やコロナ禍の影響を受けて厳しい経営環境が続いています。

しかし、プログラミング教室に於いては、プログラミング教育の必修化もあり注目度が高まっています。

今後も、市場規模の拡大が予想されていますので新規開業を検討してはいかがでしょうか?

学習塾・進学塾の開業をお考えの方へ

福岡で学習塾・進学塾を開業するまでの準備や開業資金の目安等、ポイントをまとめています。

また、学習塾・進学塾の開業方法や主な授業形式等の基礎知識についてもご紹介します。

学習塾の業界は、少子化やコロナ禍の影響を受けて厳しい経営環境が続いています。

しかし、そのような状況の中でもオンライン授業等に取組み生徒を増やしている学習塾もあります。

今後は、従来の対面授業とオンライン授業を併用する学習塾が増加すると予想されています。

音楽教室・ピアノ教室の開業をお考えの方へ

福岡で音楽教室・ピアノ教室を開業するまでの準備・開業資金の目安等、ポイントをまとめています。

福岡県内の音楽教室は、ピアノ・ギター・バイオリンの順に教室数が多く、専門的に学ぶ方の他に趣味で楽しむ方も増えています。

アプローチする年齢層も様々ですので、ご自身の強みを活かした教室運営を慎重に検討しましょう。

「スクール関連の業種を開業」まとめ

以上が、福岡でスクール関連の業種を開業する際に役立つまとめページのご紹介です。

スクール関連の業種は、少子化やコロナ禍の影響を少なからず受けています。

開業前に事業計画を立てる際は、少し厳しめの数字で組むことをおすすめします。

そして、初期投資や固定費を抑える為に、補助金や無料(低価格)ツール等はフルに活用しましょう。

「福岡スタートアップなび」TOPページへ

タイトルとURLをコピーしました