「福岡起業・開業なび」は、福岡県で起業・開業を予定している方向けに、お役に立つ情報をまとめているサイトです。起業・開業の準備段階に応じて各分野の専門家がサポートすることで、あなたのスムーズな起業・開業を応援します。
福岡の起業・開業を専門家がサポート
株式会社ネクストライフ
TEL:092-205-4500
営業時間:10:00~17:00(月~金)

事業計画書の書き方のポイント|融資手続き


事業計画書の書き方のポイントとは?

新たに事業を始める方が融資を受けようとする場合、事業計画書の提出を求められます。

自己資金で開業予定の方も、経営の指針になりますので事業計画書を作成しましょう!

事業計画書等の融資に必要な提出書類(サンプル)は、各金融機関や自治体にあります。

融資を受ける予定先より、事前に書類を取得して計画に必要な内容を把握しておくことが大切です。

こちらのページでは、事業計画書の書き方のポイントについてご説明致します。

事業計画書を作成するタイミング

起業・開業時には、いずれの事業に於いても、はじめにコンセプトを決めることが大切です。

コンセプトとは、経営する上で全体を通した基本的な考え方です。

コンセプトを考える基本軸は、「お客様層」「立地」「提供するサービス」などです。

明確なコンセプトが集客のポイントになり、事業計画書を作成する上でもポイントになります。

コンセプトを決めた後に、経営の詳細部分を具体化していく為に、事業計画書を作成します。

事業計画書の主な構成内容

事業計画書の主な構成内容は、下記の通りです。(各金融機関や自治体で違います)

創業計画書

新たに事業を始める方の「創業の動機」「経営者の略歴」「取扱商品・サービス」等をまとめた書類です。

開業費用の明細書

開業時に必要な、物件の取得や、店舗工事などにかかる費用についてまとめた書類です。

必要な資金と調達方法

開業に必要な資金の調達方法を記載します。(自己資金・融資等)

収支計画書

創業計画書において、月別の詳細な収支計画を策定する場合に、ご記入いただくものです。

売り上げ計画書

客単価などから、平日、休日、時間などでどのくらいの売り上げがあるのか予測し記入します。

以上が、事業計画書の主な構成内容です。

融資の手続きでは、申込みの本人が事業計画書の内容を説明する必要があります。

事業計画書に記載している内容が現実的でない場合は、担当者から指摘を受ける可能性もあります。

外部専門家の助言を受けたとしても、事業計画書は内容を慎重に検討してご自身で作成することが重要です。

事業計画書の書き方のポイント

事業計画書には、作成する上で根幹になるポイントがあります。

金融機関や自治体の融資担当者は、返済原資になる収支計画書(損益計算書)を重視します。

実務経験や自己資金も確認しますが、やはり、予定通りに返済が可能かを重点的に確認します。

収支計画書(損益計算書)では、次の3つの根拠がポイントになります。

  1. 売上高の算出根拠
  2. 売上原価の算出根拠
  3. 経費の算出根拠

*上記の算出根拠を資料を使って説明することで、融資担当者の信頼も高まります。


以上が、事業計画書の書き方のポイントについてのご説明です。

福岡で創業融資を行っている自治体と日本政策金融公庫の詳細は下記をご覧ください。

創業融資(自治体・公庫)

当サイトでは、福岡で創業予定の方に各分野の提携専門家をご紹介するサービスを提供しています。

例えば・・

  • 融資手続き・税務処理・会計処理に不安があるので、税理士や会計士を紹介して欲しい。
  • 補助金・助成金の申請について相談したいので、社会保険労務士を紹介して欲しい。
  • 予算を含めて気軽に相談できて、実績のある内装工事会社(設計)を紹介して欲しい。
  • 保健所への開業手続きに不安があるので、行政書士を紹介して欲しい。
  • 法人を設立したいので、司法書士を紹介して欲しい。
  • 開業後の集客が心配なので、サポートしてくれる会社を探している。
  • 店舗を探しているので、不動産会社を紹介して欲しい。

など、創業前後の諸課題解決に向けて、各分野の提携専門家をご紹介致します。

専門家をご紹介する費用は無料ですのでご活用ください。

「福岡 起業・開業なび」お問合せ

「福岡 起業・開業なび」トップへ戻る