「福岡起業・開業なび」は、福岡県で起業・開業を予定している方向けに、お役に立つ情報をまとめているサイトです。起業・開業の準備段階に応じて各分野の専門家がサポートすることで、あなたのスムーズな起業・開業を応援します。
福岡の起業・開業を専門家がサポート
株式会社ネクストライフ
TEL:092-205-4500
営業時間:10:00~17:00(月~金)

福岡で居抜き物件を活用する際の注意点

居抜き物件のメリットとデメリットとは?

福岡で店舗・飲食店等の開業を検討する際に、居抜き物件を活用して初期投資をなるべく抑えたいと考える方は多いと思います。

居抜き物件には、初期投資を抑えられる等のメリットはありますがデメリットもあります。

こちらのページでは、福岡で居抜き物件を活用する際の注意点とメリット・デメリットについてご説明します。

福岡で居抜き物件選びで失敗しない為にも、物件を借りる前にその注意点を知っておきましょう。

居抜き物件とは?

居抜き物件とは、前のテナントが使っていた内装や造作・設備等がそのまま残されている物件のことです。

通常の賃貸借契約では、テナントが退去する際には内装等を解体して原状回復工事を行い、引き渡すことになっています。

しかし、次のテナントで活用が可能で建物の所有者の了承が得られた場合、退去する前に次の借り手を探すのが居抜き物件の基本です。

また、居抜き物件に残されている内装設備等を新たな借主が買い取ることを造作譲渡と言います。

居抜き物件の主なメリット(福岡)

メリット(1)初期投資を抑えられる。

前の造作物を活用することで、内装工事費や厨房機器代金などの費用を抑えて開店できるというメリットがあります。

メリット(2)短期間で開店できる可能性がある。

居抜き物件の内装工事を一部変更するだけなので、工事期間が大幅に短縮できて短期間で開店できる。

メリット(3)前の店舗のお客様を集客できる可能性がある。

居抜き物件と同じ業種であれば、前に来店していたお客様を集客できる可能性があります。

居抜き物件の主なデメリット(福岡)

デメリット(1)前の店舗のイメージや評判が残る。

前の店舗のイメージや評判がどうであったかは、メリットにもデメリットにもなります。

居抜き物件の契約前に、不動産会社や近隣の店舗に手放すことになった理由を確認しましょう!

デメリット(2)内装のレイアウトやデザイン等の変更が困難。

居抜き物件では、レイアウトが決まっている為、オーナーのコンセプトやイメージを表現することが難しくなります。

デメリット(3)居抜き物件の設備や造作物の老朽化。

居抜き物件の設備や造作物は、基本的には中古ですので故障のリスクが高くなります。

実際に何年ぐらい使用したものなのか事前に確認した方がいいでしょう。

デメリット(4)厨房機器などのリースが残っている場合がある。

厨房設備等がリース契約になっている場合があります。リース残がある場合は事前の確認が必要です。

デメリット(5)賃料や造作譲渡費用が高めに設定されている場合がある。

居抜き物件によっては、賃料や造作譲渡費用が相場よりも高めに設定されている場合があります。

居抜き物件を活用する際は、立地や2年間の総額費用を比較して慎重に検討しましょう!

居抜き物件を借りる前に確認したい主なチェックポイント

居抜き物件を契約する前に、事前に確認しておきたい主なチェックポイントは下記の通りです。

  • 水道・電気・ガス・給排気設備の確認。
  • 厨房機器の動作確認。
  • レイアウトの変更をしなくても良いか?
  • リース契約の物品はないか?
  • 建物の所有者の了承を得ているか?
  • 造作譲渡費用は妥当な金額か?
  • メーカーからの貸与物品はないか?
  • 排気ダクトのトラブルはないか?
  • グリストラップの確認。

以上が、居抜き物件を契約する前に、事前に確認しておきたい主なチェックポイントです。

居抜き物件の設備によっては、開業後のトラブルで追加工事が必要になる場合があります。

ポイント

全ての項目を事前にチェックすることが難しい場合は、物件の契約をする前に内装工事業者と一緒に現場の状況を確認しましょう!

福岡で居抜き物件を活用する時の考え方とは?

福岡で店舗・飲食店等を開業した後に、オーナーが重点的に取組むのが集客だと思います。

その集客に影響を与えるポイントになるのが立地です。

*居抜き物件を活用する時の考え方として「居抜き物件でなくても借りたい物件(立地)か?」の視点が大切です。

内装やメニューなどは変更することが出来ますが、立地を変える事は簡単には出来ません。

居抜き物件を借りて開業する際は、集客に優位な立地の物件を選ぶことが重要な考え方です。

以上が、福岡で居抜き物件を活用する際のポイントとメリット・デメリットについてのご説明です。

居抜き物件での開業をお考えの方は、物件の契約をする前に内装業者と一緒に現場の状況を確認することをおすすめします。

居抜き物件をプロの目で確認することで、最小限の内装工事で開業できる可能性があります。

初期投資を抑えて理想の店舗イメージに近づけるように「居抜き物件+内装工事」をご検討ください。


当サイト「福岡起業・開業なび」では、福岡の信頼できる内装業者をご紹介するサービスを提供しています。

また、内装業者の他にも、起業・開業前後に頼りになる各分野の専門家をご紹介しています。

例えば・・

  • 税務申告・決算書類・会計(記帳)関連業務に不安があるので、税理士を紹介して欲しい。
  • 社会保険・補助金・助成金について相談したいので、社会保険労務士を紹介して欲しい。
  • 予算を含めて気軽に相談できる実績のある内装工事会社を紹介して欲しい。
  • 営業許可申請の依頼を検討しているので、行政書士を紹介して欲しい。
  • 会社・法人を設立したいので、司法書士を紹介して欲しい。
  • 集客が心配なので、ホームページ制作やSNS運用等のサポート会社を探している。
  • 店舗・オフィスを探しているので、不動産会社を紹介して欲しい。

など、起業・開業前後の諸課題解決に向けて、各分野の提携専門家をご紹介致します。

サービスの運営は、自治体等と協力して安全安心まちづくりの活動を続けている事務局が行っていまので安心してご利用いただけます。

専門家をご紹介する費用は無料ですのでご活用ください。

「福岡 起業・開業なび」お問合せ

「福岡 起業・開業なび」トップへ戻る