福岡で居抜き物件を活用する際の注意点

福岡 居抜き物件
この記事は約2分で読めます。

福岡で居抜き物件を活用予定の方へ

福岡で居抜き物件を活用する際の注意点とメリット・デメリットについてご説明します。

居抜き物件を活用して開業時の初期投資をなるべく抑えたいと考える方は多いと思います。

居抜き物件には、初期投資を抑えられる等のメリットはありますがデメリットもあります。

居抜き物件選びで失敗しない為にも、居抜き物件を借りる前にその注意点を確認しましょう。

居抜き物件とは?

居抜き物件とは、前のテナントの内装や造作設備等が残されている物件のことです。

営業を行っていた内装や設備を使うことで、低コストで開業することが可能です。

通常の賃貸借契約では、退去する際に内装等を解体して原状回復工事を行い引き渡すことになっています。

しかし、次のテナントで活用が可能で建物の所有者の了承が得られた場合、退去する前に次の借り手を探すのが居抜き物件の基本です。

また、居抜き物件に残されている内装設備等を新たな借主が買い取ることを造作譲渡と言います。

居抜き物件の主なメリット

  1. 初期投資を抑えられる
  2. 前の造作物を活用することで、内装工事費や厨房機器代金等の費用を抑えられる。

  3. 短期間で開店できる
  4. 内装を一部変更するだけなので、工事期間が大幅に短縮できて短期間で開店できる。

  5. 集客に有利になる
  6. 居抜き物件と同じ業種であれば、前に来店していたお客様を集客できる可能性がある。

居抜き物件の主なデメリット

  1. 前の店舗のイメージや評判が残る
  2. 前の店舗のイメージや評判は、メリットにもデメリットにもなります。

  3. レイアウトやデザイン等の変更が困難
  4. レイアウトが決まっている為、コンセプトやイメージを表現することが難しい。

  5. 設備や造作物の老朽化
  6. 居抜き物件の設備や造作物は、基本的には中古ですので故障のリスクが高くなる。

  7. リースが残っている場合がある
  8. 厨房設備等のリース契約が残っている場合がある。

  9. 賃料や造作譲渡費が高めに設定されている
  10. 物件によっては、賃料や造作譲渡費が相場よりも高めに設定されている場合がある。

居抜き物件のチェックポイント

居抜き物件を契約する前に、事前に確認したい主なチェックポイントは次の通りです。

  • 水道・電気・ガス・給排気設備の確認。
  • 厨房機器の動作確認。
  • レイアウトの変更をしなくても良いか?
  • リース契約の物品はないか?
  • 建物の所有者の了承を得ているか?
  • 造作譲渡費用は妥当な金額か?
  • メーカーからの貸与物品はないか?
  • 排気ダクトのトラブルはないか?
  • グリストラップの確認。
※以上が、居抜き物件を契約する前に、事前に確認したい主なチェックポイントです。

居抜き物件の設備によっては、開業後のトラブルで追加工事が必要になる場合があります。

可能であれば、物件の契約をする前に内装工事業者と一緒に現場の状況を確認しましょう。

居抜き物件を活用する時の考え方

福岡で店舗や飲食店等を開業した後に、経営者が重点的に取組むのが集客だと思います。

その集客に影響を与えるポイントのひとつが立地になります。

※居抜き物件を活用する時の考え方として「居抜き物件でなくても借りたい物件(立地)か?」の視点が大切です。

内装やメニュー等は変更出来ますが、立地を変える事は簡単には出来ません。

居抜き物件を借りる際は、集客に優位な立地の物件を選ぶことが重要な考え方です。

「福岡で居抜き物件を活用」まとめ

以上が、福岡で居抜き物件を活用する際の注意点とメリット・デメリットのご説明です。

居抜き物件には、初期投資を抑えて低コストで開業できる等のメリットがあります。

しかし、それを優先させて希望していない立地で開業すると集客に苦労する可能性があります。

居抜き物件選びで失敗しない為にも、開業を希望するエリア内で物件を探すことが大切です。

「福岡スタートアップなび」TOPページへ

タイトルとURLをコピーしました