福岡の創業融資・制度融資・日本公庫

創業融資 福岡
この記事は約4分で読めます。

福岡の創業融資をまとめてご紹介

福岡で創業時の資金調達方法として活用されている融資制度をまとめてご紹介します。

創業時に自己資金で不足する分は、融資を受ける等の調達方法を検討すると思います。

こちらでは、主な創業融資として「自治体の制度融資」「日本政策金融公庫の融資」をご紹介します。

日本政策金融公庫の創業融資等をご紹介

日本政策金融公庫は、資本金の全額を政府が出資している政府系金融機関です。

商工会議所・商工会・地域金融機関と連携しながら中小規模事業者の経営改善を支援しています。

こちらでは、日本政策金融公庫で創業時に活用できる可能性のある融資制度をご紹介します。

※融資制度の種類や条件等は、常に新しい情報を収集するようにしてください。

新規開業資金

対象者

新たに事業を始める方や事業開始後おおむね7年以内の方で、次のいずれかに該当する方が対象です。

  1. 現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で次のいずれかに該当する方
    • 現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方
    • 現在お勤めの企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方
  2. 大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
  3. 技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
  4. 雇用の創出を伴う事業を始める方
  5. 1~4のいずれかを満たして事業を始めた方で事業開始後おおむね7年以内の方

融資限度額:7、200万円(うち運転資金4、800万円)

資金使途:設備資金及び運転資金

女性、若者/シニア起業家支援資金

対象者

女性または35歳未満か55歳以上の方であって、新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方が対象です。

融資限度額:7、200万円(うち運転資金4、800万円)

資金使途:設備資金及び運転資金

中小企業経営力強化資金

対象者

新事業分野の開拓のために事業計画を策定し、外部専門家(認定経営革新等支援機関)の指導や助言を受けている方が対象です。

ご利用いただける方は、次のすべてに当てはまる方が対象です。

  1. 経営革新又は異分野の中小企業と連携した新事業分野の開拓等により市場の創出・開拓(新規開業を行う場合を含む。)を行おうとする方
  2. 自ら事業計画の策定を行い、中小企業等経営強化法に定める認定経営革新等支援機関による指導及び助言を受けている方

融資限度額:7、200万円(うち運転資金4、800万円)

資金使途:設備資金及び運転資金

※以上が、日本政策金融公庫で創業時に活用できる可能性のある融資制度です。

その他にも、様々な融資制度がありますので詳しくは下記のページを参照ください。

日本政策金融公庫

福岡県内自治体の制度融資・創業融資

福岡県内の自治体では事業者に対して、制度融資を設けて融資支援している市町村があります。

無担保・無保証人・低利融資もありますので、都道府県庁や市町村のページでご確認ください。

※以上が、福岡県内の主な自治体の制度融資・創業融資関連のページです。

福岡県内のその他市町村の情報も「〇〇市・〇〇町 制度融資」で検索して情報をご確認ください。

また、融資申請手続きに必要な書類等は、各自治体や取扱金融機関へお問い合わせください。

融資申請時に、店舗物件契約書や工事見積書の提出を求められることがありますので、融資申請のタイミングには注意が必要です。

「福岡で創業融資を活用」まとめ

ここまで、自治体と日本政策金融公庫の創業融資についてご紹介してきました。

創業時に自己資金で不足する分は、融資を受ける等の調達方法を検討すると思います。

融資申請には各種手続きが必要ですが、低利での融資を受けられる等のメリットもあります。

福岡で創業予定の方は、活用できる融資制度があるか検討してみましょう。

「福岡スタートアップなび」TOPページへ

タイトルとURLをコピーしました