福岡の店舗・飲食店向け|集客方法まとめ

福岡 店舗・飲食店 集客
この記事は約10分で読めます。

店舗・飲食店様向け集客方法まとめ

福岡の店舗・飲食店様が活用できる集客方法をまとめてご紹介します。

福岡県内で店舗・飲食店を開業した後の経営者の共通の課題は安定した集客だと思います。

もちろん、ある程度の予算をかけて集客サイトや情報誌等に広告を掲載する方法もあります。

しかし、有料広告を利用すると継続的に経費が発生して経営の負担になる可能性があります。

また、広告効果も短期間(一過性)になる場合がありますので費用対効果の検討が必要です。

こちらのページでは、無料あるいは低コストで活用できる集客方法をいくつかご紹介します。

集客は事業を継続する上で重要なポイントですので、可能であれば開業前から準備を始めましょう。

集客案を検討する前の準備とは?

店舗・飲食店の経営を安定させるには、お客様から選ばれるお店になる必要があります。

その為に必要不可欠なのが集客で、店舗の集客力を高めることが経営の安定につながります。

こちらでは、店舗・飲食店の集客案を検討する前に準備して欲しいポイントをご紹介します。

ポイント(1)商圏範囲を決める

商圏とは、来店が見込めるお客様の生活範囲のことで、業種や商品・サービスでことなります。

まずは、自店舗の商圏分析を行ってアプローチする商圏範囲を決めましょう。

商圏範囲を決めたら、条件に合うエリアに実際に出かけ人の流れを確認してみましょう。

※昼と夜、平日と休日での変化も合わせて確認することをおすすめします。

ポイント(2)集客したい客層を明確にする

自店舗の商圏内でメインに集客したい客層をイメージして明確にしましょう。

メインの客層をイメージする場合は、お客様の視点で利用目的(来店動機)も考えましょう。

自店舗のお客様層を明確にすることで、ターゲットに合った集客方法を選ぶことができます。

ポイント(3)集客方法を検討する(仮説)

集客したいお客様に効果的にアプローチできる集客方法(媒体)を検討しましょう。

検討にあたっては、お客様の年齢や性別等の特徴と生活様式を具体的にイメージします。

集客方法には、大きく分けるとオンライン集客オフライン集客があります。

上記の方法から、お客様に効果的にアプローチできる集客方法の組み合わせを検討しましょう。

※以上が、店舗・飲食店の集客方法を検討する前に準備して欲しいポイントです。

集客方法を選ぶ際は、ターゲット層に的確にアプローチできる手法を選ぶことが重要です。

店舗・飲食店 集客方法の選び方

店舗・飲食店の集客方法を検討する際の選び方のポイントをご紹介します。

  1. 商圏内のお客様に的確にアプローチできること。
  2. 商圏内のお客様に効果的に情報を届けられるような集客方法を選びましょう。

  3. 購入(来店)につながりやすい集客方法選ぶこと。
  4. 店舗・飲食店の集客は、お客様の行動喚起につながる集客方法を選ぶことが重要です。

  5. 効果の検証ができる集客方法を選ぶこと。
  6. 集客は継続的に行うものなので効果検証が出来る集客方法を選びましょう。

※ここまで、集客案を検討する前の準備と集客方法の選び方についてご紹介してきました。

それでは、次に、無料あるいは低コストで出来る集客方法をいくつかご紹介します。

複数の集客方法から、オンラインとオフラインを組合わせて自店舗の集客案を検討しましょう。

集客は事業継続の重要なポイントですので開業前から準備を始めることをおすすめします。

集客方法「Googleビジネスプロフィール」

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)は、無料で店舗情報を掲載できるGoogleが提供しているサービスです。

店舗・飲食店等を探しているユーザーは「地域名+キーワード」で検索する傾向があります。

その時に、近隣の店舗を自動的に表示してくれるこのサービスは集客ツールとして効果的です。

店舗の基本情報を登録しておくと、ユーザーが関連検索をした際に登録情報が検索結果に表示されるようになります。

また、このサービスには、投稿機能がありますのでお店の最新情報等を告知することができます。

無料で利用できるサービスですので、業種を問わず登録しておいて損はないと思います。

Googleビジネスプロフィールの登録は下記のページから行えます。

Googleビジネスプロフィール

集客方法「SNSを活用する」

集客に利用できる主なSNSとしては、Facebook・Twitter・Instagram・LINE等のツールがあります。

SNSは、基本的に無料で始めることができ比較的簡単に情報発信できることが特徴です。

しかし、一方で成果が出るまでに時間がかかる為、他の集客施策も同時に行いましょう。

下記に各SNSの特性をご紹介しますので、自店舗と相性の良いサービスを利用するようにしましょう。

Facebook

Facebookは個人用が基本実名登録なのに対して、Facebookページは企業名や商品名での登録が可能です。

Facebookページを作成して情報を発信すれば集客力を高められる可能性があります。

利用者が実名登録する為、投稿だけでなくユーザーとのコミュニケーションが重要です。

利用者は30代以上が多く、10代・20代の利用者はそれほど多くありません。

自店舗が想定している客層と合致すれば集客ツールとして活用出来ると思います。

Facebookの登録はこちらから

Twitter

Twitterは、情報拡散力が強くリアルタイムで話題性のある情報が常に発信されるSNSです。

1回の投稿文字数(140文字)に制限がありますので、すぐに伝えたい情報を発信するのに適しています。

SNSで新規顧客を集客したい店舗・飲食店は、拡散力のあるTwitterを活用してみましょう。

※利用者は10代~30代の若年層が多い傾向にあります。

Twitterの登録はこちら

Instagram

Instagramは、写真投稿がメインなので視覚的に魅力が伝わりやすいSNSです。

ハッシュタグ機能を使って「検索ツール」として利用しているユーザーも増えています。

10〜30代の流行に敏感なユーザーが多く、商品の購入に結び付く拡散力が期待できます。

Instagramの登録はこちらから

LINE@

LINE公式アカウントは、国内人口の85%以上が利用するLINEを集客・販促ツールとして利用できるサービスです。

事業者向けの「LINE公式アカウント」を開設すれば商用利用が可能です。

初期費用は無料で、月1,000通のメッセージ配信も無料で運用することができます。

費用を抑えてオンライン集客を始めてみたい経営者の方におすすめの集客ツールです。

LINE@の登録はこちらから

※以上が、店舗・飲食店が集客に利用できる主なSNSのご紹介です。

SNSは、成果が出るまでに時間がかかる為、他の集客施策も同時に行いましょう。

集客方法「ポータルサイトに掲載する」

店舗・飲食店の代表的な集客手法に専門型ポータルサイトに掲載する方法があります。

専門型ポータルサイトとは、特定のジャンルに特化した情報が集約されているサイトのことです。

例えば、ぐるなび・食べログ・ホットペッパービューティー等が代表的なポータルサイトです。

これらのサイトは、集客力があるので店舗情報を掲載すれば来店者を増やせる可能性はあります。

しかし、掲載費用が発生するケースが多く自店舗の情報が埋もれてしまう可能性もあります。

また、他の店舗との比較でアクセスするユーザーが多いので費用対効果の見極めが大切です。

ポータルサイトの中には、専門型ではなく150以上の業種で使える「エキテン」というサイトがあります。

エキテンは、日本最大級の店舗情報サイトで月間1,000万人以上の方がエキテンでお店を探しています。

基本情報・写真・メニュー・クーポン等、無料で情報を掲載できますのでご活用ください。

【エキテン】無料であなたのお店を掲載しませんか

集客方法「ホームページ・ブログ」

自店舗のホームページやブログを開設すれば、店舗情報などを自由に発信することが可能です。

最近では、ブログ運営会社の規約等の影響を考慮してホームページを開設する方が多い傾向です。

ホームページは、集客したいキーワードで検索結果に上位表示されれば安定的な集客手段になります。

ただし、特定のキーワードで上位表示されるにはSEO対策などの専門的な知識が必要です。

そこで、おすすすめなのがGoogleビジネスプロフィールSNSと連携して検索流入を増やす方法です。

ホームページには、店舗情報やコンセプトを伝えることでお客様に安心感を与える役割もあります。

最近では、専門的な知識がなくても開設できる方法がありますので検討してはいかがでしょうか。

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

無料でネットショップがはじめられる【BASE】

集客方法「キャッシュレスに対応する」

最近では、キャッシュレス化が進み支払い方法の多さで店舗を選ぶ人が増えています。

特に若い層でその傾向が強く、電子マネーでポイントをためる人も増えてきました。

経済産業省では、現在の25%のキャッシュレス化を2025年までに40%に推進する計画です。

上記のことから、キャッシュレスに対応することは集客成功のポイントにもなります。

※スマレジは0円から導入できる、圧倒的高機能なクラウドPOSレジです。

QRや電子マネー決済など多様な支払い方法に対応、3部門でNo.1を獲得しています。

スマレジの基本機能をさくっと早わかり!無料ダウンロード

※レジ導入について「調べる時間が無い方」にオススメ!無料オンライン相談

福岡天神ショールームでの実機体験も可能です。

集客方法「チラシを配布する」

オフライン集客の手段として、折り込みチラシやポスティング等を行う方法があります。

チラシは、ファミリー層やシニア層との相性が良くターゲットに合えば活用したい方法です。

チラシの特徴は、必要であれば手元に置いてもらえやすく保存性が高いことが挙げられます。

チラシ配布の主な方法と特徴は次の通りです。

  1. 新聞折込チラシ
  2. 新聞折込チラシは、購読者に向けて配布でき媒体としての信用度が高いのが特徴です。

    ただし、購読していない世帯には届かず購読者数が減っている点に注意が必要です。

  3. ポスティング
  4. 狭いエリア(地域)を対象に集客するにはチラシのポスティングは効果的です。

    最近では、ポスティングできないマンションもあるのでその点には注意が必要です。

  5. 街頭で配布(ティッシュ広告等)
  6. 店舗の商圏内でチラシやティッシュ広告等を配布する方法もあります。

    新規オープンや周年祭等の告知とクーポン券を組合わせると反応率が高いようです。

※以上が、チラシ配布の主な方法と特徴です。

チラシは、興味を惹きつける内容であれば目を通してもらえる可能性が高い集客方法です。

チラシを制作する際は、デザインやキャッチフレーズなど目に留まる為の工夫が必要です。

集客方法「会員カード・ポイントカード」

会員カード(ポイントカード)は、低コストで運用できるオフラインの集客ツールです。

ポイント特典を付与することで再来店を促せる為、リピーターへの集客方法としておすすめです。

新規集客時のクーポン発行と会員カードを組合わせることで一定の効果を発揮してくれます。

※会員カードを制作する際は、他の店舗と差別化できるようにデザイン案を慎重に検討しましょう。

集客方法「看板を設置する」

店舗のメイン看板は、お客様が入店の判断をするポイントですので視認性を考慮して検討しましょう。

メインの看板と同時に検討したいのがスタンド看板電子看板ウェルカムボード等です。

看板での集客には、視認性が向上することで店舗にお客様を誘導できるメリットがあります。

店舗が商店街やビジネス街等の人通りが多い立地にあれば一定の集客が期待できます。

最近では、デジタルサイネージ等の種類もありますので自店舗に適した看板を選びましょう。

店舗や飲食店の経営者の方は、事業者用の卸価格・仕入れサイトをご活用ください。

仕入れも、看板等の備品も、1点から卸価格で100万点以上の商品を掲載「スーパーデリバリー

集客方法「イベントの開催・参加」

お店のファンを増やすためにイベントを開催することは重要な集客方法のひとつです。

また、店舗周辺の地域イベントに参加することも認知度をアップさせる有効な方法です。

イベントを開催あるいは参加することで、新規顧客の獲得につなげることができます。

新規開店や周年祭、新商品の発売等のタイミングでイベントを企画してみましょう。

「店舗・飲食店の集客方法」まとめ

以上が、店舗・飲食店が無料あるいは低コストで活用できる集客方法のご紹介です。

ご紹介してきたように集客方法には、大きく分けるとオンライン集客とオフライン集客があります。

上記の方法から、お客様に効果的にアプローチできる集客方法の組み合わせを検討しましょう。

集客は事業継続の重要なポイントですので開業前から準備を始めることをおすすめします。

「福岡スタートアップなび」TOPページへ

タイトルとURLをコピーしました