「福岡起業・開業なび」は、福岡県で起業・開業を予定している方向けに、お役に立つ情報をまとめているサイトです。起業・開業の準備段階に応じて各分野の専門家がサポートすることで、あなたのスムーズな起業・開業を応援します。
福岡の起業・開業を専門家がサポート
株式会社ネクストライフ
TEL:092-205-4500
営業時間:10:00~17:00(月~金)

福岡でカフェ内装を検討する際のポイントとは?

福岡でカフェの内装をご計画中の方へ

福岡でカフェの内装を検討する際の基礎知識等、参考になるポイントをまとめています。

カフェの内装は、新規に開業する方にとって開業資金全体の中でも大きなウェイトを占めます。

また、同様にリーフォームを行う際にも大きな設備投資になります。

カフェの内装を検討する時は「集客」と「運転資金の確保」の両方のバランスが重要です。

ご自身のコンセプトイメージを実現する為に、カフェの内装はもちろん大切なポイントです。

しかし、集客やお客様の居心地に影響しない部分までこだわった設計デザインだと予算を越えてしまい、開店後の運転資金確保が難しくなる場合もあります。

福岡県はカフェの店舗数が多く競争が厳しい地域です。

その為、カフェ開店後の集客にはある程度の広告費や販促費が必要になります。

開店後の運転資金を確保する為にも、信頼できる内装会社と相談しながら工事を進めることが大切です。

「カフェ内装工事」依頼から完成までの流れ

「カフェ開業」のページにも記載していますが、カフェ内装工事の依頼から完成までの流れを簡単に説明致します。

<カフェ内装工事の流れ>

  1. コンセプトをもとにカフェの内装イメージを考える。
  2. カフェのイメージから簡単なレイアウト図を作成する。
  3. 内装工事業者へ見積を依頼する。
  4. レイアウト図を参考に内装工事業者に図面を作成してもらう。
  5. 工事内容・金額に納得したら工事を依頼する。
  6. 内装工事開始。
  7. 完成前の最終チェック。

以上が、カフェ内装工事の簡単な流れになります。

ポイント

カフェを開業するには、飲食店営業許可などの申請が必要になります。

内装工事の開始前までに図面を持って保健所や諸官公署へ事前相談を行いましょう!

詳しくは「福岡カフェ開業の流れ|営業許可と開業資金」を参考にしてください。

福岡でカフェの内装を検討する際のポイント

現在、カフェのコンセプトは多種多様化しており、差別化することが難しい状況になっています。

そのような状況の中で、カフェの内装を検討する際は来店して欲しいお客様層とそのニーズを明確にすることが大切です。

来店して欲しいお客様層とニーズが明確になると立地を決めやすくなります。

「お客様層」「来店動機(ニーズ)」「立地」等の検討項目からコンセプトを決定して、それを実現する為の空間として内装イメージを具体化していきます。

こちらでは、福岡でカフェの内装を検討する際のポイントについて参考にご紹介します。

ポイント(1)
カフェの内装を運営方法から検討する

カフェの内装を運営方法の視点から検討します。

カフェの運営方法には、主に「フルサービスカフェ」と「セルフカフェ」があります。

また、最近では立ち飲みやテイクアウト中心のコーヒースタンドも流行っています。

  • フルサービスカフェの内装
  • フルサービスを提供するカフェの内装は、ゆっくり時間を過ごせるソファー席の多いレイアウトになります。

  • セルフカフェの内装
  • セルフカフェは、基本的にレジカウンターで商品を注文・受取るレイアウトになります。

    回転率が上がるように、内装はカウンター席や2名掛けのテーブル席を多く配置しています。

  • コーヒースタンドの内装
  • コーヒースタンドは、こだわりのコーヒーを提供する小規模な店舗が中心です。

    「立ち飲み」「テイクアウト」「カウンター」等、商品サービスの提供方法で内装は変わります。

ポイント(2)
カフェの内装をメインのお客様層から検討する

カフェの内装をメインのお客様層から検討します。

  • 女性のお客様が多いカフェ
  • 内装のデザインは女性目線で考え、女性に喜ばれる内装や設備にすることが基本です。

    • 学生街などで若いお客様が多い場合は、4名掛けの席を中心にレイアウトにする。
    • ビジネス街などでOLが多い場合は、2名掛けのテーブル席を多く設置する。
    • 子育て世代が多い場合は、子供と一緒に来店することを想定した内装や設備にする。
  • 男性のお客様が多いカフェ
  • 男性がカフェを利用する場合は、1人や少人数での利用が多い為、機能的な内装や設備にしましょう。

    具体的には、カウンター席や2名席を中心に配置して、ビジネス利用を想定した内装や設備が必須です。

ポイント(3)
カフェの内装をレイアウトから検討する

カフェの内装を検討する際に、お客様と働くスタッフの導線を理解することはレイアウトを決める上で大切な要素です。

安易な考え方でレイアウトを決めてしまうと、スタッフのサービス提供に支障がでて売上げにも影響します。

カフェの内装は、お客様や働くスタッフが動きやすいレイアウトにすることが基本です。

<カフェでのお客様の主な導線>

  • 店舗入り口から客席までの導線
  • テーブルからトイレまでの導線
  • テーブルからレジまでの導線

*お客様の入店から退店までの動きを理解して、スタッフの導線と重なる部分は、動きやすい広さを確保した上でレイアウトを決めましょう。


以上が、福岡でカフェの内装を検討する際のポイント(視点)についてのご説明です。

カフェの内装を検討する際は、お客様起点でコンセプトを決めて、それを実現する為の空間として内装イメージを具体化しましょう!

カフェの内装については、下記の記事も参考になります。

「福岡カフェ開業の流れ|営業許可と開業資金」

「内装工事費用相場|店舗・飲食店内装」

カフェの内装工事を依頼する際のポイントは、予算内に収まるように内装会社と一緒にコストダウンの方法を検討することです。

開店後の運転資金を確保する為にも、信頼できる内装会社と相談しながら工事を進めましょう!

当サイト「福岡起業・開業なび」では、福岡の信頼できるカフェ内装工事会社をご紹介するサービスを提供しています。

予算を含めて気軽に相談できる実績のある内装工事会社(設計)をご紹介致します。

お見積もり無料です。お気軽にお問合せください。

「福岡 起業・開業なび」お問合せ

「福岡 起業・開業なび」トップへ戻る