「福岡起業・開業なび」は、福岡県で起業・開業を予定している方向けに、お役に立つ情報をまとめているサイトです。起業・開業の準備段階に応じて各分野の専門家がサポートすることで、あなたのスムーズな起業・開業を応援します。
福岡の起業・開業を専門家がサポート
株式会社ネクストライフ
TEL:092-205-4500
営業時間:10:00~17:00(月~金)

福岡でバーの内装を検討する際のポイントとは?

福岡でバーの内装をご計画中の方へ

福岡でバーの内装を検討する際の基礎知識等、参考になるポイントをまとめています。

飲食店の中でも、バーの場合は内装を含めた店舗全体の印象(雰囲気)が、集客・売上げに影響を与える大切な要素になります。

特に、オーセンティック・バーのような正統派のバーでは、内装のデザインが特別な空間と時間を提供する為の重要なポイントです。

固定客を増やしてバーの経営を安定させる為にも、内装を計画する際は慎重に検討しましょう!

<目次>

  1. 「バー内装工事」依頼から完成までの流れ
  2. 「バー内装工事」の工事内訳(種類)
  3. バー内装デザインのポイント
  4. バーの内装工事費用を抑える方法

「バー内装工事」依頼から完成までの流れ

「バー開業」のページにも記載していますが、バー内装工事の依頼から完成までの流れを簡単に説明致します。

<バー内装工事の流れ>

  1. コンセプトをもとにバーの内装イメージを考える。
  2. バーのイメージから簡単なレイアウト図を作成する。
  3. 内装工事業者へ見積を依頼する。
  4. レイアウト図を参考に内装工事業者に図面を作成してもらう。
  5. 工事内容・金額に納得したら工事を依頼する。
  6. 内装工事開始。
  7. 完成前の最終チェック。

以上が、バー内装工事の簡単な流れになります。

ポイント

バーを開店するには、飲食店営業許可などの申請が必要になります。

内装工事の開始前までに図面を持って保健所や諸官公署へ事前相談を行いましょう!

詳しくは「福岡バー開業の流れ|営業許可と開業資金」を参考にしてください。

「バー内装工事」の工事内訳(種類)

バーの内装工事は、大きく分けると下記の工事に分類されます。

内装業者と打合せを行う際は、見積書の工事内容にどこまで含まれているかを必ず確認しましょう!

設計(デザイン)

設計とは、施主からの依頼に基づいてヒヤリングした後に、内装デザイン案を具体的に図面化する作業です。

設計完了後に内装工事を行いますので、この段階で綿密な打ち合わせを行いましょう!

設計(デザイン)の依頼先は、設計会社や内装業者などがあります。

一般的には、設計会社は設計と管理のみを行い、内装業者は設計と内装工事を併せて行います。

その為、内装業者へ依頼する方が比較的スムーズに内装工事を進めることができます。

*設計会社でも自社施工で内装工事を行う会社もあります。

内装工事

バーの内装工事は、店舗の床・壁・天井などの工事を行います。

また、カウンターやボトル棚などの造作工事・建具工事も行います。

市販の家具ではなく造作することで、バーのコンセプトに合わせた内装デザインにすることができます。

設備工事

設備工事は、電気・空調・ガス・給排水・照明などの設備を導入する為の工事です。

専門工事ですので、開店後の営業に支障が出ないように、DIYでの工事は行わないでください。

外装工事

店舗の外装工事は、入り口やファサード(外観)・看板(サイン)等を造作する工事です。

店舗の外観は、お客様が入店してくれるか判断する大切なポイントですので、慎重に検討しましょう。

その他の工事

その他の工事としては音響設備工事がありますが、一般的にバーの内装工事には含まれません。

音響設備を導入する方法は次の通りです。

  • 内装業者に相談して音響設備工事を含めてもらう。
  • 音響機器を施主で調達して取付工事を内装業者に依頼する。
  • 音響設備業者に別途で発注する。

*バーの音響設備は、空間演出に於いて重要なポイントで集客にも影響します。

音楽ジャンル・店舗の広さ・スピーカーの配置等でも音質は変わりますので丁寧に検討しましょう!


以上が、「バー内装工事」の工事内訳とその内容です。

バーの内装は、集客にも影響を与えますので内装業者と相談しながらイメージに近い店舗を完成させましょう。

バー内装デザインのポイント

バーの内装工事を依頼する際は、ご自身の内装イメージを明確に伝えることが大切です。

イメージを考える場合は「店舗全体」「店舗外装」「店舗内装」の各々で統一感のある内装が理想的です。

バーの内装を検討する時のデザインのポイントは下記の通りです。

  • バーのドア
  • 入口のドアはお店の印象に影響を与えます。正統派のバーであれば重厚感のあるものを選びましょう。

  • バーのインテリア
  • 装飾的で派手な印象のインテリアは避ける。(コンセプトによる)

  • バーの照明
  • 店内は明るすぎず、少し照度を落とした方が、雰囲気を出しやすいでしょう。

  • バーのカウンター
  • バーにはカウンターは不可欠です。素材を厳選して奥行きの広いカウンターを設けましょう。

  • バーのテーブルと椅子
  • お客様の居心地の良さと温かみを優先して素材を検討します。

  • バーの内装に使う素材(材料)
  • チーク材・ローズウッド等の木材や大理石を使用して高級感と落ち着いた雰囲気を演出します。

以上が、バーの内装を検討する際のデザインのポイントです。

スムーズに開店までの準備を進める為にも、内装業者と綿密な打ち合わせを行いましょう!

バーの内装工事費用を抑える方法

バーの内装工事費は、新規に開業する方にとって開業資金全体の中でも大きなウェイトを占めます。

また、同様にリーフォームを行う際にも大きな設備投資になります。

こちらでは、バーの内装工事費用を抑える方法をいくつかご紹介します。

居抜き物件を活用する

バーの内装工事費用を抑える為に、居抜き物件を活用する方法があります。

居抜き物件とは、前のテナントが使用していた内装や造作設備等がそのまま残されている物件のことです。

営業を行っていた店舗の内装や設備をそのまま使うことで、低コストでバーを開店することが可能です。(内装設備等を買い取る費用は別途必要)

しかし、居抜き物件には初期投資を抑えられる等のメリットはありますがデメリットもあります。

居抜き物件選びで失敗しない為にも、物件を借りる前にその注意点を知っておきましょう。

詳しくは「福岡で居抜き物件を活用する際の注意点」を参考にご覧ください。

内装工事の一部をDIYで行う

内装工事の一部を自分で行って費用を抑える方法もあります。

全ての内装工事をDIYで行うのは難しいですが、お客様の印象や居心地に影響しない部分での工事は可能性があります。

ただし、プロの手が必要な部分をDIYで行って失敗すると余計な出費になりますのでその点は注意が必要です。

内装・設備の一部を施主で調達して支給する

内装・設備の一部を施主で調達して内装業者へ支給することで、工事費用を抑える方法もあります。

その時の主な注意点は下記の2点です。

  1. 内装業者と事前に調整すること
  2. 内装イメージを損なうような既製品は使わないこと

特に、内装業者との打ち合わせは手配した材料の詳細部分まで伝えるようにしましょう。

購入後に、「サイズが合わない」「規格が合わない」等で使用できないと意味がありません。

また、施主で調達する場合は、配送料を含めたトータルコストで比較してメリットがある場合のみご検討ください。


以上が、福岡でバーの内装を検討する際の基礎知識についてのご説明です。

バーの場合は内装を含めた店舗全体の印象(雰囲気)が、集客・売上げに影響を与える大切な要素になります。

固定客を増やしてバーの経営を安定させる為にも、内装を計画する際は慎重に検討しましょう!

バーの内装については、下記の記事も参考になります。

「福岡バー開業の流れ|営業許可と開業資金」

「内装工事費用相場|店舗・飲食店内装」

バーの内装工事を依頼する際のポイントは、予算内に収まるように内装業者と一緒にコストダウンの方法を検討することです。

開店後の運転資金を確保する為にも、信頼できる内装業者と相談しながら工事を進めましょう!

当サイト「福岡起業・開業なび」では、福岡の信頼できる内装工事業者をご紹介するサービスを提供しています。

予算を含めて気軽に相談できる実績のある内装工事会社(設計)をご紹介致します。

お見積もり無料です。お気軽にお問合せください。

「福岡 起業・開業なび」お問合せ

「福岡 起業・開業なび」トップへ戻る