福岡でバー開業|手順・営業許可・資金

バー開業 福岡
この記事は約8分で読めます。

福岡でバー(bar)の開業をお考えの方へ

福岡でバーを開業するまでの手順や営業許可・開業資金の目安等、ポイントをまとめています。

バーには、オーセンティックバーやショットバー等、様々なコンセプトの店舗があります。

落ち着いた空間でお酒を楽しむ従来のバーに加えてミュージックバー等も増えてきました。

バーは飲食業の中でも固定客の割合が高く、常連のお客様からの支持が経営を左右する業態です。

お店のコンセプトは、メインのお客様を想定して慎重に検討しましょう。

バーの開業に必要な営業許可・資格

福岡でバーを開業するには、営業形態で違いますが次の営業許可・資格が必要です。

食品衛生責任者

飲食物を提供する店舗には必ず「食品衛生責任者」が1店舗に1人必要です。

福岡県で実施している食品衛生責任者養成講習会を受講すれば取得できます。

福岡県内での講習会の日程等は、下記の食品衛生協会のページで確認出来ます。

福岡市食品衛生協会(福岡市)

北九州市食品衛生協会(北九州市)

福岡県食品衛生協会(福岡市・北九州市以外の市町村)


飲食店営業許可

バーを開業するには、飲食店営業許可の申請が必要になります。

営業開始前に店の所在地を管轄する保健所へ「飲食店営業許可申請」を行います。

管轄の保健所に申請後、立合い検査の後に合格した店舗に飲食店営業が許可されます。

許可の基準は地域で違いますので、工事着工前に保健所に図面を持って相談しましょう。

<飲食店営業許可申請書類例>

  • 営業許可申請書
  • 設備の大要・配置図(各2通ずつ)
  • 食品衛生責任者資格証明書(事前に講習会受講のこと)
  • 申請手数料

詳しくは「飲食店営業許可基準」をご確認ください。

福岡県内の各管轄保健所はこちら


消防署への届け出(該当店舗)

バーの面積や収容人員によっては、管轄の消防署へ「防火対象物使用開始届出書」の提出が必要な場合があります。

届け出の必要性の有無は、管轄の消防署か内装工事業者へ確認を行いましょう。

また、「防火管理者」の選任が必要な場合は防火管理講習を受講します。

福岡県内の防火管理講習は管轄の消防署か消防設備安全協会でご確認ください。

一般財団法人 福岡県消防設備安全協会


(参考)警察署への届け出

深夜0時以降アルコールを提供する場合は、警察署へ「深夜酒類提供飲食店営業開始届出書」が必要です。

また、バーに遊具(電子ダーツ等)を設置する場合は風営法の許可も必要です。

ただし、風営法許可は深夜0時以降の営業は出来ないので注意が必要です。

※以上が、福岡でバーを開業する際に必要な営業許可・資格です。

バー開業 開業資金の目安(福岡)

福岡でバーを開業する為の開業資金の目安をご紹介します。

開業資金は、バーの広さ・内装設備・立地条件等によってもちろん変動します。

こちらでは、開業資金の主な支出項目をご紹介しますので総額費用は各々でご算出ください。

店舗賃貸物件取得費

店舗物件を借りる場合、保証金・敷金・礼金・仲介手数料などの諸費用が必要です。

福岡県の場合、立地で違いますが賃貸料の4~7か月分というケースが多いようです。

内装工事費用

バーの内装工事費は、施工面積・設計デザイン・設備の内容等で違ってきます。

その前提で、一般的な相場としては1坪あたり25~60万円程度が工事費の目安になります。

内装工事費は、開業資金全体の中でも大きなウェイトを占めます。

上記の金額以下でも、工夫次第で希望のバーを完成させることも可能だと思います。

イメージするバーの内装を予算内で実現可能かを内装工事業者と事前に相談しましょう。

バーの内装工事は下記のページを参考にしてください。

バー内装工事の基礎知識

厨房機器等の備品費

バーで提供するメニューから、必要な厨房機器等を検討して導入します。

バーは、軽飲食ですので中心的な設備以外は中古を活用する方法もあります。

その場合は、メンテナンスコストを含め慎重に検討しましょう。

客席用什器・食器類等の備品費

バーの場合、客席用什器は重要ですので居心地の良さを優先して素材を検討しましょう。

また、調理器具・食器・グラス類はメニューやコンセプトに合わせて準備しましょう。

その他の費用

  • 仕入れ費用
  • 広告・販促費(HP制作費)
  • スタッフの給料
  • 消耗品費
  • レジ・PC・電話等
  • 運転資金

※以上が、福岡でバーを開業する為の開業資金の目安になります。

福岡でバーを開業するまでの手順

福岡でバーを開業するまでの流れ・手順(案)を参考にご紹介します。

開店までのスケジュールが見えてないと、開業資金の増加や開業日の遅れにもつながります。

開店予定日から逆算して計画を立ててスケジュールに沿って準備を進めましょう。

手順(1)知識や技術の習得

バーを開業するために必要な知識や技術を習得します。

可能であれば、イメージに近いバーで実地経験を積み基本技術をマスターしましょう。

手順(2)コンセプトを決める

集客したい客層を明確にしてバーのコンセプトを考えましょう。

コンセプトとは、バー全体を通した基本的な考え方で「売り」を一言で表すのものです。

明確なコンセプトが集客のポイントにもなりますので慎重に検討しましょう。

<コンセプトを考えるヒント>

  1. メインの客層をイメージする。(世代・性別・職種等)
  2. お客様の利用目的(来店動機)
  3. 出店する場所(立地)を考える。
  4. バーの形態と店舗イメージを考える。
  5. メインのメニューを考える。
  6. メニューごとの料金を決める。(平均客単価)
  7. 営業時間(メインの時間帯)

※コンセプトのイメージが出来たら、そのコンセプトに沿って詳細部分を検討しましょう。

手順(3)市場調査及び立地検討

コンセプトに沿ったおおよそのエリアで市場調査を行い立地を検討します。

条件に合うエリアに実際に出かけ人の流れを確認しながら市場調査を行いましょう。

※2次会利用を想定している場合は周辺の飲食店もリサーチしましょう。(客層)

手順(4)事業計画書の作成

事業計画書とは、開業の目的・資金計画・収支計画等を記載した経営計画書のことです。

開業時に融資を受ける方は、事業計画書の提出を求められますので作成しましょう。

自己資金で開業予定の方も、経営の指針になりますので事業計画書を作成しましょう。

事業計画書の書き方とポイント

手順(5)資金計画及び資金準備

バーを開業する為の資金計画を立てて資金を準備します。

自己資金で不足する分は、融資を受ける等の調達方法を検討します。

<資金調達方法(参考)>

  1. 日本政策金融公庫の融資を受ける。
  2. 地域や業種にこだわらず、幅広い融資を行っています。

  3. 自治体の融資制度を活用する。
  4. 福岡県や各市町村等の自治体が融資支援をするものです。

  5. 補助金や助成金を活用する。
  6. 原則「返済不要」ですので、活用できるか確認しましょう。

  7. 出資を受ける。
  8. 会社等の法人の形態であれば出資を受ける方法もあります。

福岡で起業・開業時に役立つ情報

手順(6)店舗の決定

市場調査及び立地検討の情報を元に、限定したエリア内で店舗物件を探しましょう。

店舗の立地は、バーの売上を大きく左右しますので慎重に検討しましょう。

また、物件を契約する前には周辺の坪当たりの家賃相場もチェックしてください。

手順(7)内装工事業者を決める

内装工事を依頼する時は、ご自身のイメージを内装業者に明確に伝えることが重要です。

可能であれば、簡単なレイアウト図とイメージに近い店舗の写真等を準備しましょう。

※バーの内装は集客に影響を与えますのでイメージに近い店舗を完成させましょう。

バー内装工事の基礎知識

手順(8)営業許可申請(事前相談)

福岡でバーを開業するには「飲食店営業許可」等の申請手続きが必要になります。

内装工事の着工前までに計画図面を持って保健所へ事前に相談しましょう。

※計画図面は内装工事業者へ相談のうえ準備してください。

手順(9)メニューを決める

コンセプトに沿ってお客様に提供するバーのメニューを決定します。

バーの場合は、ドリンクメニューの構成を先に決定します。

その後に、軽食メニューをドリンクに合わせて決めていきます。

また、この時に売り上げの中心になる看板メニューも合わせて検討しましょう。

看板メニューは、立地によってもお客様のニーズが変わります。

競合店や近隣店舗をしっかりと研究して看板メニューを作りましょう。

手順(10)什器や備品を準備する

バーメニュー決定後に必要な厨房機器・什器・備品類をリストアップし準備します。

営業許可や店舗レイアウトに影響する厨房機器等は、内装工事業者と相談しながら検討しましょう。

<バーの営業に必要な設備・備品例>

  1. 厨房設備
  2. 客席用什器類
  3. 調理器具
  4. 食器・皿・グラス類
  5. レジ・PC・電話等の通信機器

手順(11)営業許可申請(本申請)

内装工事完成後(厨房設備含む)に、保健所へ飲食店営業許可申請を行います。

管轄の保健所に申請後、立合い検査の後に合格した店舗に飲食店営業が許可されます。

手順(12)ドリンク類や食材等の仕入れ先を決める

バーのメニューに応じてドリンク類や食材等の仕入先を決めます。

商品価格にも影響しますので、品質と価格を見極めながら慎重に検討しましょう。

手順(13)販促・広告

バーの開業日が近づいてきたら、集客に向けて販促・広告の準備を行います。

オープン広告は、告知する絶好の機会ですので予算を組んで積極的に発信しましょう。

手順(14)バーオープン

バーをオープンする前にスムーズに営業できるようにシミュレーションを行いましょう。

友人・知人・関係者の方をご招待してプレオープンを行うことをおすすめします。

※以上が、福岡でバーをオープンするまでに必要な準備と手順です。

開店予定日から逆算して計画を立ててスケジュールに沿って準備を進めましょう。

「福岡でバー開業」まとめ

以上が、福岡でバーを開業するまでの手順や営業許可・開業資金等のポイントです。

バーに限らず、新規開業して事業を継続していくのは簡単なことではないと思います。

バーの開業前に事業計画を立てる際は、少し厳しめの数字で組むことをおすすめします。

そして、初期投資や固定費を抑える為に、補助金や無料(低価格)ツール等はフルに活用しましょう。

「福岡スタートアップなび」TOPページへ

タイトルとURLをコピーしました